2016年09月27日

今こそ心の時代!幸せはどこに

 自分が幸せになる一番の近道は周りの人を幸せにすることですと唱えてはいるものの、時々自分が正義と思って言った言葉で人を傷つけることがある。するとまあ〜後悔の連鎖が始まる。こんな事言わなきゃよかった、あんな態度とらなきゃよかったと。人として成長出来た年になったつもりでも、いつも反省、反省。
 周りの人とは、身近な人?家にいる人?何や主人やん。毎日顔を合わせて寄り添う人生が我が家は主導権争いに明け暮れ、火花を散らし、夫のあの一言が癇に障り、傷つき、私が放った一言で後で大損を招く結果となる。「ね〜、ケンカせんめ〜」と言いながら、どちらか片方が不機嫌だとすぐにバチッ!バチッ!と火花が飛ぶ。
 そして二人共上機嫌とかあまりないし、まれにあるその時に調子に乗って冗談を言ったりするが、それが通じない東北の石頭はすぐに顔色を変えて声を荒げる。冗談好きの九州生まれの妻はいつも不利な立場に追いやられ、結局私が口を閉ざす。東北育ちのねばりのある夫は長引く嫌な空気も平気の平左。
 夫は男四人女一人の長男ときている。子供の頃から弟妹を仕切ってきているのでケンカ上手。私は六つ年上の兄と大人達に囲まれての暮らしで争うことなどない。私が理屈で立ち向かっても耳の傍で大きい声で怒鳴られた時には心臓は縮み上がり、ムッとしてここで一旦チョン。
 暫く無言の行が始まり、私はだんだん反省の方が大きくなって、仕事を終えて帰宅途中の車の中から「今日は何ば食ぶるね〜」と何事もなかったかのように帰るコールで水に流して一件落着。これを年に何回繰り返しているのだろう。二ヶ月に一回はあるよね。どっちかが弱って病気でもすると夫婦って睦まじくなるかも知れん。
 知り合いの奥さんがパーキンソン病で今迄は何もしてくれなかった御主人が三度の食事を作ってくれ、買い物からやってくれるという。男の料理だからエンゲル係数が上がったと笑いながら嬉しそうに話をしていた。
 我が家もいつか互角の戦いが終焉する時はどちらかが白い着物で三途の川を渡る準備をするときやろうね。お互い元気なうちに夫婦睦まじく暮らしたいものです。
posted by おなかの健康宅配便(株)りぶメール at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼今こそこころの時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。